Our Mobile Planet:「世界のスマートフォン利用に関する大規模調査」から分かったこと

2012/06/05

こんにちは。ジャパンプロモーターの村山です。

先日、グーグルは、「世界のスマートフォン利用に関する大規模調査」の2012年版を公開しました。今回は、対象地域を 40か国以上に増加し、スマートフォンの普及状況、利用状況に関して調査・分析を行ったとのこと。

「スマートフォンの利用状況」、「モバイルインターネットの利用状況」、「主な操作」、「モバイル広告」、「モバイルローカル検索」、「モバイルショッピング」等の6つのカテゴリに分かれており、かなり興味深い内容がまとまっていました。
(調査概要等については、 特設サイト「Our Mobile Planet」(www.ourmobileplanet.com/ja)で、閲覧できます。)

今回は、こちらの調査に関して、少し記載してみたいと思います。日本国内でもそうですが、特に海外向けにウェブマーケティングなどをご検討の皆さまには「スマートフォン」、「ソーシャルネットワーク」などのキーワードはとても重要です。まずは、市場を知ることからスタートですので、是非、ご一緒に見ていくことにしましょう。

 

試しに、弊社でニーズの高いアメリカ、中国と日本を比較の対象として見ていきたいと思います。(*韓国、台湾、香港などのアジア地域も見てみたのですが、データがないとのこと。)

まず、普及率ですが、 アメリカ、中国、日本の順となりました。意外と他国に比べ、日本のスマートフォン普及率は低い結果となりました。アメリカでの普及率は50%近くで、2人に1人はスマフォを持っている状況になります。

続いて、他のメディアと比べてのスマートフォンの重要性についてのグラフを見てみます。テレビとパソコンと比較したものを用意しましたが、中国と日本は似た傾向が見られます。ただ、中国の方が全般的にスマートフォン重視の傾向にあります。特にテレビより重要で、且つ、面白いという人が半数以上もあり、非常に興味深い結果になっています。今後スマートフォンがより使いやすくなるにつれ、世界的にも今後この傾向がより顕著になっていくでしょう。

続いて、スマートフォンでの購入経験を見てみました。中国では半数以上がスマートフォン経由で商品・サービスを購入したことがあるとの結果となり、アメリカ、日本と比較しても突出しています。中国人がいかにスマートフォンを活用しているかが見て取れます。

さらに、最後にもう一つ見てみました。スマートフォン経由で購入した際の場所です。日本は自宅購入型中国は外出先購入型という顕著な結果になりました。中国を見ると、職場でも公共交通機関でもどこでも、気に入ったものがあれば購入するという面白い傾向が見て取れます。

今回、グーグルが行った調査結果をいくつか見てみましたが、今後、海外向けWebマーケティングを考える上で、スマートフォン対応もしっかりと認識していかなければなりません。アメリカ、中国をサンプルに比較してみましたが、いずれも日本よりもスマートフォンの活用度が高く、情報収集や購入、その他生活に関わるあらゆる面で、存在感を増しています。

是非、海外向けへの情報発信の際に、スマートフォン対策をどうするか?という視点を持って、取り組んでいって頂ければと思います。

投稿者プロフィール

murayama
インバウンド(訪日観光)ビジネスコンサルタント
兵庫県生まれ。米国ウィスコンシン大学マディソン校卒。在学中、異文化交流に強い関心を持ち、20ヵ国以上を旅行。大学卒業後、インドにて半年間のインターンシップを経験。2000年アクセンチュアに入社。地域活性化プロジェクト、グローバルマーケティング戦略等の様々プロジェクトに従事。2006年同社を退社。
2007年にインバウンド観光に特化したBtoBサイト「やまとごころ.jp」を立ち上げ、ホテル・小売・飲食・自治体向けに情報発信、教育・研修、コンサルティングサービスなどを提供。ノウハウ・ネットワークを最大限に生かしたコンサルティングには定評がある。
インバウンドビジネスの専門家として、ワールドビジネスサテライト、NHKワールドをはじめ、国内外各種メディアへ出演多数。最近は、金融機関、投資家、経営者等へインバウンド動向に関する情報提供を精力的に行うほか、日本全国で行う月10件以上の講演活動を通してインバウンドビジネスの啓発に力を注いでいる。

無料相談はこちらから

Get a free consultation

メールでのお問い合わせ

メールで無料見積もり
メールは24時間365日受付中!
※問い合わせメールの文章は日本語・英語のどちらでも大丈夫です

海外WEBマーケティングソリューション一覧

Solutions