経営視点で広告投資を見る?

2013/09/02

ScreenClip2

たとえば、10,000円の広告費をかけてウェブプロモーションをしました。
皆さんは、どれくらいのリターンを得たかしっかり追えていますか?
あるいは、追っていますか?
また、事前にリターンを測るためのKPIは設定していますか?

コンサルティングの現場で見る限り、徹底できている会社は少ないと
感じています。

経営視点でいうと、やはり投資した以上のリターンをきっちりと得たいものです。
企業によって目標は大きく異なりますが、少なくとも粗利ベースで数倍は欲しいところです。

BtoBのビジネスは、ネットからは問合せのみを獲得するケースも多いですが、そんな場合も
①ウェブサイトへの訪問に対する問合せ率
②問合せ後の成約率、
③1案件あたりの粗利額

が分かれば、簡単に費用対効果を試算することができます。

広告に対するリターンをしっかり把握することで、経営視点でものが
見れるようになりますし、外部のマーケティング会社や部下に指示する
際もその数字を基準に目標を設定し、アクションプランを考え、
実行させることも可能です。

何よりも、細かい数字やプチ改善だけに目が行きがちな日々の業務から
脱却し、もう少し大きな視点で広告投資を見ることができるようになります。

当たり前の話ですが、なかなかできていない・・・のが現状です。

是非、すぐに自社の広告の費用対効果を算出してみてください。

投稿者プロフィール

murayama
インバウンド(訪日観光)ビジネスコンサルタント
兵庫県生まれ。米国ウィスコンシン大学マディソン校卒。在学中、異文化交流に強い関心を持ち、20ヵ国以上を旅行。大学卒業後、インドにて半年間のインターンシップを経験。2000年アクセンチュアに入社。地域活性化プロジェクト、グローバルマーケティング戦略等の様々プロジェクトに従事。2006年同社を退社。
2007年にインバウンド観光に特化したBtoBサイト「やまとごころ.jp」を立ち上げ、ホテル・小売・飲食・自治体向けに情報発信、教育・研修、コンサルティングサービスなどを提供。ノウハウ・ネットワークを最大限に生かしたコンサルティングには定評がある。
インバウンドビジネスの専門家として、ワールドビジネスサテライト、NHKワールドをはじめ、国内外各種メディアへ出演多数。最近は、金融機関、投資家、経営者等へインバウンド動向に関する情報提供を精力的に行うほか、日本全国で行う月10件以上の講演活動を通してインバウンドビジネスの啓発に力を注いでいる。

無料相談はこちらから

Get a free consultation

メールでのお問い合わせ

メールで無料見積もり
メールは24時間365日受付中!
※問い合わせメールの文章は日本語・英語のどちらでも大丈夫です

海外WEBマーケティングソリューション一覧

Solutions