アナログで勝つ

2012/09/19

ジャパンプロモーターの村山です。海外webマーケティングをやっている我々が

言うのも何ですが、ビジネスでネット化が進む中、アナログな部分で勝負が着くケースが

これまで以上に多くなっていると日々感じています。

たとえば、

我々のお客様でも、ネットのアクセスは非常に多く、品揃えも豊富で、それらの点は

外から見ると強みに見えるのですが、実は本当の強みは別にあったりします。

このお客様は問合せが入ってからのアナログなオペレーションが圧倒的に強く、

そこが他社との差別化となり、大きな売上を上げています。

具体的には、オペレーションのスピード、そして、質が他社から抜きんでているため、

問合せを成約に変えることが効率的に出来ているのです。これは、なかなか外から

見えない点ですが、こういったアナログなサービスの面で、差がついていることが多々あります。

 

他の例でいうと、「ぐるなび」もそうです。一見ネットの会社に見えますが、

実は営業会社です。圧倒的な営業ネットワークを全国に敷き、日々、契約している

店舗に回り、ご用聞きのような形で様々な声を吸い上げ、サポートしています。

そのようなアナログな繋がりこそが、圧倒的な強さを生んでいるのです。

 

もう一つの事例です。弊社で、やまとごころJPというメディアを運営しています。

2年前まではイベントなどは行わず、ネットだけで情報発信をしていました。

当時、メルマガも出していましたが、反応もあまりよくありませんでした。

その後、セミナーやフォーラムなどのイベントを開催するようになってから、

メルマガの反応が格段よくなりました。感想をくれる方も増えました。

 

これは、セミナー等を通じて、我々の人となりやこの事業にかける思いなどを

感じて頂き、人間関係が構築できたことが大きな理由だと思います。

また、アナログな面が強いのは、なかなか置き換えにくいという点です。

そもそもアナログなサービスや接点を強化するにはお金と時間がかかります。

そのため、競合他社もなかなか参画してきません。そういった意味でもアナログを

磨いていくことはしんどい分、成果も継続的に続く非常に重要な取り組みであると考えています。

 

日本人は元来、アナログなサービスが得意だと思います。きめ細かさ、おもてなしの心、

そういったものも盛り込み、海外向けビジネスの構築をしていってもらいたいと思います。

投稿者プロフィール

murayama
インバウンド(訪日観光)ビジネスコンサルタント
兵庫県生まれ。米国ウィスコンシン大学マディソン校卒。在学中、異文化交流に強い関心を持ち、20ヵ国以上を旅行。大学卒業後、インドにて半年間のインターンシップを経験。2000年アクセンチュアに入社。地域活性化プロジェクト、グローバルマーケティング戦略等の様々プロジェクトに従事。2006年同社を退社。
2007年にインバウンド観光に特化したBtoBサイト「やまとごころ.jp」を立ち上げ、ホテル・小売・飲食・自治体向けに情報発信、教育・研修、コンサルティングサービスなどを提供。ノウハウ・ネットワークを最大限に生かしたコンサルティングには定評がある。
インバウンドビジネスの専門家として、ワールドビジネスサテライト、NHKワールドをはじめ、国内外各種メディアへ出演多数。最近は、金融機関、投資家、経営者等へインバウンド動向に関する情報提供を精力的に行うほか、日本全国で行う月10件以上の講演活動を通してインバウンドビジネスの啓発に力を注いでいる。

無料相談はこちらから

Get a free consultation

メールでのお問い合わせ

メールで無料見積もり
メールは24時間365日受付中!
※問い合わせメールの文章は日本語・英語のどちらでも大丈夫です

海外WEBマーケティングソリューション一覧

Solutions