インターンシップ体験談 業務外でのコミュニケーションの重要性について

2015/06/19

 

はじめまして。

6月よりインターン生として働いています、

青山学院大学3年の古澤です。

 

大学では国際関係学を専攻しており、日本の素晴らしさを世界に伝えることで、日本の外交に貢献したいという思いから、世界へボカンでの長期インターンを行うことに決めました。

現在は英語でのリスティング広告の運用などを中心に、日々グローバルWebマーケティングの勉強しています。インターン生の具体的な業務内容については、以前の神山さんの記事でも紹介しているので是非ご覧ください。

 

さて、今日は仕事から一歩離れて、

”息抜き”の重要性に焦点を当てたいと思います。


11391240_10205005401760869_1322557876746227608_n

 

“息抜き”を通じたコミュニケーション

 

先週金曜日の仕事終わりに、メンバー全員でピンポン大会を行いました。

(トーナメント方式で戦い、成績優秀者にはナント景品も出ました)

11425411_10205005401880872_6397538416081539456_n

本日のトーナメント表

CIMG0200 (4)じゃんけんからのゲーム開始!

1606875_10205006019856321_3890330765280166604_n
 勝ち組集合!

68179_10205006019976324_5434414379137668245_n

 負け組集合!?

 

「ピンポン大会なんて、ただの遊びではないか。」と思われるかもしれませんが、

たかが”ピンポン”が社内コミュニケーションの向上へとつながり、従業員の満足度の向上がひいては全体のパフォーマンス向上につながると私は考えます。

インターンを始めたばかりで、仕事場では常に緊張し続けていた私も、

卓球を通して、社員やインターン生との交流を深めることで打ち解けることができ、

イベント後は、仕事中に積極的に発言することができるようになりました。

 

インターン生同士の協力の重要性

 

先週から新たに、私とアメリカ人インターン生のJordanさんが加わり、現在インターン生4人が活動しています。

この前のお昼休みには、インターン生4人で近くのうどん屋さんでランチをしてきました。

IMG_3131

 

仕事から一歩離れて、気軽な会話を通してお互いを知ることができ、同じインターン生同士で仲を深めることができました。

 

インターン生はそれぞれ個人に割り当てられる専門のタスクに加えて、

共同で仕事をすることも多くあります。

ブログの執筆などインターン生全員がそれぞれ携わる仕事もあり、得た知識やスキルをインターン生同士で積極的に共有していくことが非常に重要です。

 

インターン生同士で親睦を深め、より活発なコミュニケーションを行うことは、そういった面で仕事への相乗効果が生みだすと私は考えます。

 

結び

ONとOFFの切り替えの重要性という話をよく耳にします。

まるでONとOFFは完全に切り離され、独立したもののように感じますが、両者はシナジーを生み出す関係にあると私は考えます。

”息抜き”は社内コミュニケーションであり、メンバーでOFFを共有することは生産性を上げるための重要な施策の1つとして位置づけられると強く感じました。

無料相談はこちらから

Get a free consultation

メールでのお問い合わせ

メールで無料見積もり
メールは24時間365日受付中!
※問い合わせメールの文章は日本語・英語のどちらでも大丈夫です

海外WEBマーケティングソリューション一覧

Solutions