海外向けリスティング広告「広告配信エリア」の決め方

2012/08/29

こんにちは、ポータル・ジャパンの久保です。

今回は海外向けリスティング広告を行う上での「広告配信エリア」の決め方についてお伝えさせていただきます。

海外向けリスティング広告を開始する際に悩むポイントの1つが「広告配信エリア」をどこに設定するか、があるかと思います。
最初から明確にどの国に配信したいかが決まっているケースは多くありません。

また、仮に決まっていたとしてもこれまでにリーチできてなかった国に気軽にアプローチ、テストマーケティングを行うことができるのがリスティング広告の良いところでもあるので配信国が最初から決まっているイコール必ずしも良い、というワケでも無いと思っています。

但し、いくら色々な国にアプローチしたいからといって「全世界」を対象に配信するのは現実的ではありません。

全世界に配信すると、予算にもよりますが浅く広くのアプローチになってしまい予算がすぐに尽きてしまう場合もあります。
また、ニーズが多い国・少ない国というのが存在するため、アクセスが偏ってしまい、結局インプレッションもクリックも全く計測できない地域も出てきます。
(あまりにも数値が少ないと良い悪いの判断もできません)

そのためある程度絞って配信する必要があります。

弊社で配信エリアを決める際、お客様の状況が以下3つのどのケースに当てはまるかで決めています。

1.これまで海外向けサイトを運用していた実績がある

Google Analytics等のアクセス解析ツールでアクセスが多い国トップ30あたりを配信エリアとして設定します。
(アクセス解析ツールが無い場合は設置するところから始める必要がありますが、、)
また、Web以外に海外からの問い合わせ、取引実績があればそちらをヒアリングさせていただき参考にします。

※但し、そのままアクセスが多い国をランキングの上から順に適用するわけではありません。アクセスは獲得しているものの、全くターゲットとしていない国だったり、直帰率や滞在時間が悪い国も存在します。その辺りはクライアント様と相談し精査します。
(過去の事例で、Aという国はあるサービスカテゴリについてのみ配信したい、という要望がありました。その際にはサービスカテゴリ毎にキャンペーンを分けて該当するキャンペーンにのみAという国を追加しました)

2.海外向けサイトの運用実績は無いが引き合いのある国やターゲットとすべき国がある程度分かっている

これから海外向けサイトを構築するためアクセスが多い国は分からない状態です。但し、Webではないオフラインですでに海外との取引がある場合は実績がある国とターゲットとした国をヒアリングさせていただき配信エリアを設定します。
その後、ある程度サイトの運用を行ったらアクセスデータが手に入るため、そちらを基に見直しも行います。

3.これから初めて海外にアプローチするためどの国に配信すれば良いか全く分からない

お客様のサービスでメインとなるキーワードをいくつかピックアップし、「グローバル マーケット ファインダー」等のツールで現地のニーズを調査し、ざっくりと配信エリアを設定します。

・グローバル マーケット ファインダー
http://www.google.co.jp/adwords/globaladvertiser/marketfinder.html
おおまかな配信エリアが決まればひとまず運用を開始し、その後は2.と同様にサイトを運用する中で都度見直しを行っていきます。

以上となります。
日本では都道府県毎に配信エリアを決めて行う場合があるかと思いますが、海外向けの場合は国単位で決める必要があります。もちろん国毎にコンバージョン率も異なりますし、コンバージョンを獲得しても成約に繋がりづらい国も出てきます。運用を開始する際にある程度配信エリアを決める必要がありますが、もちろん日々見直しを行っていく必要があります。実績を重ねていき最適な広告配信エリアを見極めていきたいですね!

無料相談はこちらから

Get a free consultation

メールでのお問い合わせ

メールで無料見積もり
メールは24時間365日受付中!
※問い合わせメールの文章は日本語・英語のどちらでも大丈夫です

海外WEBマーケティングソリューション一覧

Solutions