2011 Web Font Awards

2011/11/15
タグ:

こんにちは!WebデザイナーのMihoです。

先日「2011 Web Font Awards」が発表されました。
これは、海外では主流になりつつある「Webフォント」を
上手く斬新に使用したサイトに贈られる賞です。

Fonts.com」を運営する「Monotype Imaging」が主催し、
WebINK」「Typekit」「Google」「WebType」「Fontdeck」など、
Webフォントサービスを提供する各社が、スポンサーとして名を連ねています。
賞は、一般投票によって選出される「Community Choice」と、
主催者およびメディアパートナーによって選出される
「Judges’ Choice(1位~3位)」からなります。
 
今回の「Community Choice」は・・・、
 
Baltimore Fishbowl
 

Baltimore Fishbowl
http://www.baltimorefishbowl.com/
米メリーランド州の都市ボルティモアのライフスタイルマガジンです。

サンセリフに「Proxima Nova」「Proxima Nova Extra Condensed」
セリフに「Chaparral Pro」を使用していて、
すっきりしつつ、親しみやすいページになっています。
一般的に、カッコイイ英語サイトを作ろうと思ったら、
『フォントは3種類までにする』と言われていますが、
このサイトは、行間や余白の取り方なども、とても参考になります。

使用されている写真も面白いので、
ボルティモアという街に行ってみたくなりました。
 
 
「Judges’ Choice(1位)」は・・・、
 
DAS FORK
 
Das Fork
http://www.fork.de/
独ハンブルクを拠点とするクリエイティブグループのサイトです。

このWebサイトの背景にある古代的な要素とデジタルで未来的な要素、
両方の要素を兼ね備えたフォントとして「Malabar Pro」が使用されています。
Webフォント以外に、Javascriptの動きなども、参考になります。
 
 
たかがフォントという声も聞かれますが、
画像要素が少なく、テキストに重きを置く英語サイトにおいては、
テキストにどんなフォントを指定するかは、非常に重要になってきます。
それは、前回の記事でも一目瞭然です。
 
「Webフォント」が登場する前は、
制作者が指定したフォントが、閲覧者側のPCに存在しない場合、
該当のフォントでの表示は出来ませんでした。
どうしても指定したフォントで、全てのユーザに見せたい場合には、
テキストを画像化する方法が取られてきました。
 
それが、「Webフォント」の出現によって、
閲覧側の環境に左右されずに、フォント表示が可能になりました。
Webフォントは、ネット上の指定されたアドレスから、
フォントデータを読み込むからです。
 
「Webフォント」は、CSSで容易に編集可能なので、
CSSの調整だけで、サイトの雰囲気をガラリと変えることができます。
Webフォントを効果的に使用することで、
より更新性・拡張性の高いサイト作りが、実現可能となるのです。

無料相談はこちらから

Get a free consultation

メールでのお問い合わせ

メールで無料見積もり
メールは24時間365日受付中!
※問い合わせメールの文章は日本語・英語のどちらでも大丈夫です

海外WEBマーケティングソリューション一覧

Solutions