中国のポータルサイトの現状

2011/09/30

こんにちは!

多言語Web制作を担当しているYuです。

本日は「中国のポータルサイトの現状」について書かせて頂きます。
中国本土以外のユーザが初めて中国のオリジナルサイトを見た際に、
「なんだ、こりゃ~」と思う時が多いと思います。
まず、中国4大ポータルサイトと言われている中国で利用者が非常に多いポータルサイトのサイトキャプチャをご覧ください。


腾讯(tencent)


新浪(sina)


网易(163)


搜狐(soho)

※上記の4サイトは97年から98年の間に設立しており、中国では初めてインターネットサービスを提供し、今は全部上場した企業である。
腾讯(tencent)は6億ユーザを持っているQQ(中国式のMSN)、新浪(sina)は2億ユーザー(2011年8月まで)を持っている新浪微薄(中国版ツイッター)を経営しております。

中国のWebサイトは「長い」「動きが多い」「ごちゃごちゃしている」など
3つの特徴があると言えるでしょう。

1. 「長い」
中国のポータルサイトのTOPページを見てみると、とにかく長いというイメージがあります。髪の毛の数ほど多い中国のWebサイトの中で、独自な戦略、及び中国人心理を掴んで成功した上記の4サイトは中国を代表するポータルサイトだと言えますが、どれも長いサイトになっています。このようなサイトが中国国内のユーザ達に「Webサイトは長ければ長いほどいい!」という印象を与えたため、他のサイトでもTOPページをなるべく長く作るべきだという考え方が一般的で、長いTOPページが多く見受けられます。
中小企業が経営しているサイトを見てみると、資金、情報量などの問題でTOPページは凄く長いですが、二次階層に入りますと、手を抜いたイメージのページが多い状況です。

しかし、Webサイトを長くするため、それなりのコンテンツ内容が必要になります。中国のポータルサイトはほぼ同じレイアウトになっています。
TOPページを何個かのカテゴリに分けて、カテゴリの中には二次階層へ入るためのテキストリンクを用意し(大体の場合は2次階層の頭部分のテキストを入れます)、
カテゴリとカテゴリの間に広告バナーを入れて、さらにテキストリンクにはポップアップ式の広告も入れてあります。

2. 「動きが多い」
中国WebサイトではアニメGIF、Flashバナー、ランダム表示テキスト、そしてポップアップ画像など「動く」要素がたくさん入っています。
中国のポータルサイトでは広告が多く、多数はこのように動いている要素があり、ユーザーは「動いているものは広告だ」という認識を与えています。

Webサイトのメリハリを表現するために組み込んだFlashは、いつしか中国のWebサイトにおいて広告としての存在になり、ユーザーはFlashバナーを無視してしまうようになってきています。
これによって、折角デザインを考慮し、インパクトを出すために作り出したFlashも、多くは無視される場合が多くなっています。

3. 「ごちゃごちゃしている」
朝の通勤電車に乗った時、「日本の電車ってなんでこんなに混んでるの」と思う時がありました。
しかし、中国のWebサイトを見ると、日本の通勤電車にまけないぐらいにコンテンツが混みあっています。
前に記述した「中国語フォントについて」という記事にも書いてありますが、漢字は四角系の文字であり、文字と文字の間の間隔はほぼ一緒です。

さらに中国語フォントは12pxか14pxしか使わず、強調するテキストも14pxにボールドをかけるだけなので、line-height, x-heightなどに
気を使わなければ、テキストがメインになっているポータルサイトはボリュームの多いイメージを与えます。

上記のように「長い」、「動きが多い」、「ごちゃごちゃしている」などが特徴となった要因として、中国人は情報の「量」を求めているからだと思います。
「量」を求めているのは中国の国情だと言えるでしょう。

中国に行ったことがある方はわかると思いますが、中国のスーパー、デパートは品物が多ければ多いほどお客さんが来る、携帯電話は機能が多ければ多いほど購入者が増える、
飲食店ではご飯の量が多いのが当たり前だという考え方が一般的です。

最近になって中国のWebサイトも量を求める、単にデザインを真似するものから、個性的なスタイルでユーザビリティを考慮したWebサイトが多く生まれてきています。
特に、中国の70%のネットユーザーは30才以下なので、新しいものの吸収が早く、ほしがっている情報はすべてネット上から調べる習慣があるので、
ユーザービリティのよいサイトを求める声がどんどん大きくなっています。

しかしながら、中国の顔になるポータルサイトのデザインが変わらない限り、外国人のユーザにとっては中国のサイトは醜いというイメージを持ち続けるのかもしれません。

無料相談はこちらから

Get a free consultation

メールでのお問い合わせ

メールで無料見積もり
メールは24時間365日受付中!
※問い合わせメールの文章は日本語・英語のどちらでも大丈夫です

海外WEBマーケティングソリューション一覧

Solutions