こんにちは。ポータル・ジャパンのBennyです。

最近スマホアプリ、スマートフォンサイト、HTML5などのモバイルに関する言葉を良く聞くようになっていますし、年々スマートフォンユーザが世界的に増えている状況です。

スマートフォンサイトを作りたいと思った方はまずは下記のように思っていることが多いと思います。

  • すでに持っているPCサイトをスマートフォン対応したい
  • 新たに作るPCサイトを同時にスマートフォン対応できるようにしたい
  • モバイル・スマートフォンで情報発信をしたいが、アプリとスマートフォンサイトどちらを作ればいいか分からない

上記に答える前にスマートフォンで使われているアプリケーションの分類を簡単にご説明させていただきたいと思います。

大きく分けるとネイティブアプリスマートフォン対応サイトの2つに分かれます。

ネイティブアプリ
端末により、それぞれの環境に合ったプログラミング言語(iOSでObjectiveC, AndroidでJava)を使って開発したアプリケーションになります。スピーディで安定感があり、GPS, Camera, Contact bookなどの端末に付いている機能にもアクセス可能です。インターネット接続がなくてもOK。しかしAndroid OSの為に作ったアプリケーションをiOSに対応できるようにするためには別に開発する必要があります。

ネイティブアプリ

 

スマートフォン対応サイト
プラットフォームの制限なし。ブラウザさえあればOK。インターネット接続が必要。簡単に言えばモバイル端末に最適化されたウェブアプリケーション・サイトです。

スマートフォン対応サイト

それではこの2種類を比較して見ましょう。

スマートフォン対応サイト ネイティブアプリ
スピード 普通 早い
コスト 普通 高い
承認 不要 App Store, Android Marketに公開する際に承認が必要
その他
  • ブラウザのみウェブサイトのような簡単な動き、ナビゲーション
  • インターネット接続が必要
  • 機能に制限がある
  • インストールが必要
  • スムース・インタラクティブな動き・ナビゲーション
  • オフラインでも使える
  • 端末の位置情報、カメラなどの機能を使える
使用するタイミング
  • アプリを作る必要がなく、コンテンツをモバイル端末に最適化して提供したい場合
  • 互換性を求める場合
  • 広い範囲で使用したい場合など
  • 例:ブログ、雑誌、コーポレートサイト
  • 端末の位置情報を使う場合オフラインでも操作できるようにしたい場合
  • 端末のリソースを使う必要がある場合など
  • 例:ゲーム、会員サイト、地図アプリ

スマートフォン対応サイトも2種類に分かれています。そちらも以下の表にまとめて比較しました。

スマートフォン専用サイト
スマートフォンに最適化された別の専用スマートフォンサイト。コンテンツもPC版と違いスマートフォン専用コンテンツを提供することが可能。
例:www.honda.com/mobile/, http://m.midas.com/, http://www.bk.com/en/us/mobile/index.html, http://www.drpepper.com/mobile, http://m.samsung.com/us/

スマートフォン専用サイト

レスポンシブレイアウト
ユーザーが見ている画面の幅によって最適化されたレイアウト・デザインに切り替わる。コンテンツはPC版と殆ど変わらない。
例:http://www.sasquatchfestival.com, http://www.starbucks.com/, http://www.sony.com/index.php, http://bostonglobe.com/

レスポンシブレイアウトレスポンシブレイアウト

スマートフォン対応サイト

スマートフォン専用サイト レスポンシブレイアウト
メリット
  • スマートフォン専用コンテンツを提供
  • PC版に切り替え可能
  • モバイル端末に最適化されているためローディング時間が短い
  • URLが変わらないため統一感がある
  • 開発手間が少ない為コスト安い
デメリット
  • スマートフォン専用環境を新たに作る為コストがかかる
  • URLが変わる 別々の環境のをメンテナンスする必要がある
  • PC版と同じコンテンツを提供する為、スマートフォン用コンテンツ・機能を絞り込むことが難しい
  • PC版切り替え不可能
  • 基本PC版と同じコンテンツを読み取るためローディング時間長い
使用するタイミング
  • PC版とスマートフォン版のコンテンツを区別してスマートフォン専用のコンテンツ・機能を提供したい場合
  • PC版がフラッシュ、テーブルレイアウト等の複雑な仕様のためレスポンシブレイアウトに変更することが難しい場合
  • シンプルなデザイン・レイアウトのサイトの場合
  • スマートフォン・PC版を区別しないで、同じコンテンツを提供しする場合
  •  新規サイトを構築する場合(最初からモバイルを意識して設計するため楽)

結論
日々増加しているモバイルユーザーに最高のモバイルエクスペリエンスを提供するための絶対の方法はありません。Case by Caseで、サイトの条件・状況によってベストな方法を選びましょう!その際にこの記事が参考になれば幸いです。

 

無料相談はこちらから

Get a free consultation

メールでのお問い合わせ

メールで無料見積もり
メールは24時間365日受付中!
※問い合わせメールの文章は日本語・英語のどちらでも大丈夫です

海外WEBマーケティングソリューション一覧

Solutions