韓国語サイトの特徴

2011/09/05

こんにちは!
多言語Webサイト制作を担当しているYuです。

みなさんは普段韓国語サイトをご覧になりますか?と言っても
言語が分からないので見ないのが普通ですね。

しかし、多言語サイトを作る場合、英語、中国語簡体字、中国語繁体字、韓国語
をセットで制作する場合が多いです。

本日は、韓国語サイトの特徴について書かせて頂きます。

韓国語Webサイトを見てみると大きく4つの特徴が挙げられます。

1. Webサイトの構成
2. 色使い
3. Flash及びアニメgifの活用
4. 画面の立体感


1. Webサイトの構成
韓国語のポータルサイトの構成は単純で、ほとんどの場合、同じ構成で作られています。
左上にはロゴがあり、その右には検索フォームがあり、その下にはメインナビゲーションが
あります。コンテンツの部分には、メインFlashがありさらにその下には
各コンテンツへの入口となるテキストやリンクがあります。

参考
http://www.naver.com/
http://www.daum.net/
http://www.nate.com/

2. 色使い
韓国のデザイナーは色の使い方が非常にうまく、私たちから見ると
デザイン要素に入れにくい色でも、韓国のデザイナーが色の組み合わせをすると
サイト全体のコントラストが鮮明になります。
更に、違和感を感じさせないイメージを与えることができ、
サイトを見ることが楽しみになるポイントの1つになります。
そして韓国語Webサイトでは、背景色と文字色を使い分けてコンテンツの各ブロックの違いを明確にしています。

参考
http://www.11st.co.kr/html/main.html
http://www.cgv.co.kr/
http://www.kosney.co.kr/ksn/pm/shop/PMProductDetail?PC=MALL_MAIN

3. Flash及びアニメgifの活用
韓国語WebサイトではFlashとアニメgifを多用することが一般的です。
韓国ではブロードバンドの普及率が高いため、画像の容量などを気にせずに作る場合が多いからです。

韓国のFlash Bannerは、そのほとんどがメインナビゲーションの下に設置しており、
Flash中で使われている画像は解像度が高いJPG画像及び手書きの画像が一般的です。
しかし、1つのサイトでFlash Bannerとアニメgif、解像度が高い画像を使うことにより
海外からアクセスする場合のスピードが遅くなったり、
SEO効果も期待できず、ユーザビリティもよくないサイトになってしまうことが多いです。

参考
http://www.dunkindonuts.co.kr/main.html
http://www.mrpizza.co.kr/main.asp
http://www.tlj.co.kr/

4. 画面の立体感
韓国語Webサイトを見た時、立体感を出せることもその特徴の一つになります。
単純に画像と文字を使ってサイトの立体感を出すのではなく、文字の影や画像の組み合わせなど
細かいところで工夫し、サイトの立体感を出すことが韓国のWebデザインでは一般的です。
写真の枠やワンポイントデザイン、テキストの影等、細かく見ないと気付かない点ですが
それらを合わせるとサイト全体での立体感を表すことができます。
細かい部分の調整でサイトの立体感を出せることが凄いですね。

参考
http://www.sibuya.co.kr/
http://www.artbox.co.kr/
http://www.10×10.co.kr/

日本のWebサイトはほとんどシンプルなデザインが求められますが、
韓国の場合は鮮やかな色を使いながら、
Flash banner及びアニメgifを使ってサイトの特徴を表すのが一般的です。

無料相談はこちらから

Get a free consultation

メールでのお問い合わせ

メールで無料見積もり
メールは24時間365日受付中!
※問い合わせメールの文章は日本語・英語のどちらでも大丈夫です

海外WEBマーケティングソリューション一覧

Solutions