多言語サイト制作・海外(英語)SEO対策専門|世界へボカンブログ

フォームでのお問い合わせ

20161116_Intern-Graphic_Otsuka-san
[弊社アメリカ人メンバーが執筆した英語記事を翻訳、校正しています。]

多くの中小企業は、Googleアドワーズの運用に相当量の予算を費やしています。Googleと同規模のネットワークを備え、実際に結果を出しているチャンネルはそう多く存在しないので、それも仕方がないことかもしれません。

しかし、Facebook広告Instagram広告は、外部サイトから自社のウェブサイトに訪問した新規ユーザーに対しリマーケティングでリーチしやすい点で、実は非常に有効な手法となっています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-21-17-13-30

Facebookの調査によると、2016年7月時点の月間アクティブユーザー17億1000万人は、1日の最大50分をFacebook、InstagramまたはMessengerに費やしています。モバイル・ファーストに集中しているFacebookは、こうした膨大な利用者数を背景に、広告活動において革新を続けているのです。

私の広告運用経験を通して見ても、Facebookのターゲティングは従来のGoogleディスプレイネットワークよりはるかに洗練されています。

本記事では、広告運用に欠かせない分析図であるコンバージョン・ファネルをもとに、Facebook広告の効果的な戦略、そしてFacebookが取り組んでいるモバイル・ファーストの展開(Instagram広告キャンバス広告)について解説します。また同時に私たちがどのようにFacebook広告を利用して英語圏のユーザーをターゲティングし、そして事業展開しているのかを具体的な例を挙げて解説します。

*なお登場する画像およびデータは架空のものです。
このコラムの続きを読む »

%ef%bc%92

インターンのオオツカです。
インターンブログを執筆するのも4回目になりますが、12月19日をもって8ヶ月間インターンをさせて頂いた世界へボカンを卒業します。

これまで執筆した記事

去る最終日には、”Last Presentation ~What I have learned from Bokan~”と題して、英語でプレゼンテーションをさせて頂きました。

思い返すと、私のインターンシップはプレゼンテーションから始まり、プレゼンテーションで終わりました。苦手なプレゼンテーション、、しかも英語、、私は他のメンバーと違ってそこまで英語が話せるわけではありません。

ただやる気と気合で逆境を乗り越える!といういかにもボカンのインターンらしい発想に、この8 ヶ月で私もどっぷりハマったのでしょうか。社員の皆さんの温かい視線を受けながら、英語で自身の総括をさせて頂きました。

そこで話した内容を今回ブログとして執筆し、私のインターンの集大成にします。特にボカンでのインターンを考えている学生さんに、私のインターン後記が参考になれば嬉しいです!

このコラムの続きを読む »

海外向けコンテンツマーケティングを成功に導く3つの鍵
こんにちは。コンテンツマーケティング部の神岡です。

海外向けにサイトを構築したものの、集客がうまくいかない、サイトでユーザーが思ったような動きをしてくれないとお悩みではありませんか?

本記事では、そんなサイト運営者の方やこれから海外向けサイトを運営される方に向けて、「海外向けサイトのコンテンツマーケティング成功の為の3つの鍵」をお伝えしたいと思います。

このコラムの続きを読む »

Intern Blog_Asagiri_FB-size

はじめまして。
10月から世界へボカンでインターンをしているアサギリです。
ボカンでインターンを始めてから1ヵ月、クライアント様へのプレゼン資料作成に携わる機会を多く頂いております。具体的には、外国人社員と共にサイト改善の為のデータ取集、調査・提案資料と月次報告書の作成に携わるサポート業務を行っています。

突然ですが、
相手に伝わるプレゼンテーション資料を作る事は出来ていますか?
学生の方は、ビジネスで通用する資料を作る自信はあるでしょうか?

私は、学校で行うプレゼンテーションでは評価が高く、資料作りには自信がありました。
しかし、実際のビジネスの場で資料を作る機会を頂くと、その自信は打ち砕かれ、もっと効果的な見せ方、伝え方がある事を知りました。

そこで今回は、プレゼン資料を作る上で、最低限知っておかなければならない7つのポイントをお伝えしたいと思います。
ボカンのインターンで何を学べるのか気になっている学生さんや、少しでも、プレゼンに自信がないな、もっと良くしたいと思っている方は、必見です!

本記事は、

の2部構成となっています。
このコラムの続きを読む »

20161031_Intern Blog Image_Title Image

皆様こんにちは。インターンのオオツカです。
ボカンでインターンを始めてから数ヶ月、クライアント様の調査案件に携わる機会を多く頂いております。

Google analyticsやSearch Consoleを活用し、お客様の情報を整理するだけでなく、広告プレビューツールで確認できるクライアント様のターゲットとする国の競合他社のサイトのコンテンツを調査する等して多くの海外のECサイトを見ることができました。

とにかく多くの越境ECサイトを見ました。
そんな私が感じた事はただひとつ・・・

“こんなに素敵な商材を扱っているのに、
見せ方、伝え方で損しているなんて、なんてもったいないの!!”

ということです。

多くの越境ECサイトが見せ方や伝え方で損しています。

逆に、上手くいっている越境ECサイトは、
・ ユーザーのニーズにマッチした良い商材を扱っている
・ サービスの価値(このサイトで購入する理由)をきちんと伝えている
・ 売り方が上手い

の3点が揃っている事が多いです。

それでは具体的にどうすれば、売れない越境ECサイトから売れる越境ECサイトに生まれ変わらせることができるでしょうか? 今回はそのノウハウを、具体的な事例を交えながらご紹介します。

このコラムの続きを読む »

interntopbanner

はじめまして。明治大学経営学部3年の神岡と申します。

8月から、海外WEBマーケティングサービスを提供する世界へボカン株式会社でインターン生として働かせていただいています。

この記事をご覧いただいている方の中には、これからの就職活動の事を考えた時に上手くやっていけるのか不安に思っている方や、何をしたら良いか決まらずインターンを検討している方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

今回は、同じような悩みを持たれている方やインターンをすべきか迷っている方に、私が長期インターンに取り組んでみて得たこと、感じた事をお伝えし、参考にしてもらえればと思います。

このコラムの続きを読む »

前回のインターン生向け漫画に引き続き、ボカン漫画第二弾です。越境ECでありがちな失敗事例とその対策方法について紹介しています。

越境ECや海外向けサイトを運営していて、成果がなかなか出ていない担当者様やこれから海外向けビジネスを行おうとお考えの方に、漫画を通して成功の秘訣を知ってもらえたら嬉しいです。

image_1

世界へボカン組織図

売れる英語サイトと売れないサイトの違いの説明

売れる英語サイトに改善するだけで大きく広告コストを抑えることが出来る 売れる英語サイトにするためには集客だけではだめ

あとがき

漫画でご紹介させて頂いているように、世の中には商品を羅列しただけの海外向けECサイトが多く乱立している状態です。

今は特に海外に視野を向けている事業者様も多く、翻訳会社さんと多言語のサイトを作れる会社さんに依頼をしてみて、英語でECサイトを作ったものの、鳴かず飛ばずでお困りの企業様は少なくありません。

大きな要因としては、
1.海外でニーズ(または認知)の無い商材を取り扱っている
2.誤った集客施策をしている(集客方法、ターゲット、予算配分等)
3.商品の魅力や価値がサイトを通して十分に伝わってこない。(低品質な翻訳、顧客が知りたい情報が書かれていない)
の3つが挙げられます。

1については商品開発から行う必要があるので難易度は高いですが、2・3についてはきちんと戦略が伴えば十分に勝機があります。

・ 誰に(どの国のどういったニーズ、悩みを持ったユーザー)
・ 何を伝え(貴社製品を購入するユーザーのベネフィット、他社との差別的優位性)
・ どういったアクションをしてもらうか(資料請求・購入)
から逆算してコンテンツを作ることが海外WEBマーケティング成功の秘訣の1つです。

他にも成功の秘訣はいくつかありますが・・・これが出来ていれば、少なくとも商品の価値はご理解頂けるはずです。

次回は、海外進出の戦略立案の為の3C分析についてご紹介できればと思います。

“メンバー募集"
※海外WEBマーケティング注釈
海外WEBマーケティングとは、日本国外向けのWEBマーケティングを指す。
WEBマーケティングとは、WebサイトやWeb技術を応用したマーケティング(売れる仕組みを作る)手法。Web広告による自社サイトや商品の「告知宣伝」、Webサイトで展開する「商取引活動」(いわゆる電子商取引)、Webサイトを窓口とした「顧客との継続的な双方向の情報交換」、また、事業内容に関連する市場調査やマーケティングリサーチに応用することなどがWebマーケティングに含まれる。
※SEO注釈
SEOとは、Search Engine Optimizationの略称、検索エンジン最適化を指す。
Webサイトが検索結果でより多く露出されるために行う一連の最適化施策を総称したもの。
※越境ECサイト注釈
越境ECサイトとは、インターネット通販サイトを通じた国際的な電子商取引を指す。 ECとはElectronic Commerce(エレクトロニックコマース=電子商取引)の略称。
※コンテンツ注釈
コンテンツとは、サイトに掲載されている一つ一つの情報、内容の事を指す。

attribution-analysys

[弊社フランス人メンバーが執筆した英語記事を翻訳、校正しています。]

海外向けWEBサイトや越境ECサイトを運営する上で、 ROI (投資対効果) は当然ながらマーケッターにとって重要な指標です。また、マーケティング予算を適切なチャネルへと効果的に割り当てる最善の方法を見つけることが成功への大きな鍵でもあります。

得られたコンバージョンにおける各チャネルの影響を正確に見極める為に、アトリビューション分析※をする必要があります。

※アトリビューション分析とは、直接コンバージョン以外の間接コンバージョン(ビュースルーCVや広告クリック後 → 離脱 → 別経路からのCV)も含めて、コンバージョンへの広告の貢献度を正当に評価するための分析手法 (参考:DMLAB

アトリビューション分析がマーケターにとって重要なことは周知の事実ですが、まだまだ全てのマーケッターの元で行われているとは言えません。

2013年のデジタルマーケティングエージェンシーのDEMAND WAVEの調査によると、WEBマーケターのうち1/3がどのデジタルマーケティング施策が収益に対して最も好ましい影響力をもっているのか分かっていません。

この記事をご覧の方の中にも、十分にアトリビューション分析が出来ていると言い切れる人は少ないのではないでしょうか?

そこで今回は、Google アナリティクスを活用し、各チャネルのもつコンバージョンへの影響力と重要性を理解し、どの広告チャネル予算を分配すべきかを知る方法をお伝えしたいと思います。 このコラムの続きを読む »

インターンブログトップページ

こんにちは、暑い夏みなさんいかがお過ごしですか。
夏休み、海に山にボカンに、忙しく飛び回っている学生インターンのオオツカです。

世界へボカン(以下、ボカン)でインターンシップを始めてから、早や4ヶ月。
未だここでの業務を退屈に感じたことはありません!笑

そこで今回はそんな私が、
ボカンでの海外WEBマーケティングインターンにて、
・何ができるのか
・何を学べるのか
・何を求められているのか(インターン生が提供できる価値とは?)

の3つについて、ボカンでのインターンに興味がある学生さん海外WEBマーケティングインターンに興味のある学生さんに向けてお伝えしたいと思います。

本記事は、

の3部構成となっております。
このコラムの続きを読む »

学生のうちに企業でインターンシップをしたいと考えている方に読んでほしい漫画です。

intern_manga_1

icon_1 このコラムの続きを読む »

ボカンコラムとは

弊社スタッフが海外向けWebマーケティングに関するニュース、事例、ノウハウをコラムとして日々発信しております。
無料メールマガジン「知っている人だけが得する!海外Webマーケティング成功法」のご購読はこちら

Categories

  • Yuki Tokuda: ダイスケさん ご質問頂きありがとうございます。 DAが59でPAが低い場合は [...]
  • ダイスケ: こんにちは。ページを拝見させていただきまして、質問させていただけれ [...]
  • Yuki Tokuda: emanonさま 世界へボカン株式会社の徳田と申します。 サイトをご覧頂きあ [...]
  • emanon: 検索サイトの別の記事が来ました。 興味深い記事ばかりですが、少し不 [...]
  • Yuki Tokuda: ココさん はじめまして。コメントありがとうございます! 少しでもお役 [...]