メールマガジンマーケティングで起こしやすい5つの間違い

2012/05/22

こんにちは、

ポータル・ジャパンの孟 婧(Sei Mou)です。

メールマガジンマーケティングは顧客管理、顧客との関係構築を行う上で非常に重要なマーケティング手法の1つです。

特にコンテンツを定期的に作っているサイト・ECサイト・B2Bサイトに有効です。
(新コンテンツや新商品の告知、ユーザーにとって有益な情報の発信を行い自社の紹介を行ったり、そのうち客を見込み客に教育することができます。)

但し、せっかく有益なコンテンツを用意しても登録してもらえなかったり、顧客に届かなかったり、解約されてしまったりしては意味がありません。

今回は現在海外向けメールマガジン配信ツールで最も使用されているMail Chimps: http://mailchimp.com というツールの機能例も一部紹介しつつ、メールマガジンマーケティングを行う上で起こしやすい間違いポイント5つをお伝えさせていただきます。

1. メールマガジン登録フォームの項目が多い。

登録フォームは興味のある人が簡単に登録できるような項目にしましょう。一番重要な情報はお客さんの名前とメールアドレスです。名前があれば、名前の差し込み機能を使用し、お客様個人宛に送っているような見せ方も可能です。
海外に向けて配信するのであればお客様が住んでいる国も重要な項目の1つですね。
その他必須で無い項目に関してはできる限りフォームから外して、登録しやすい状態にしましょう。

2. 配送頻度や配信時間が決まっていない。

メールマガジンも普通の雑誌等と同じで配送頻度や配信時間が決まっている方が好ましいです。週1配信か月1配信か、それ以外なのか。いつ頃配信できるのか決まっていればそのことも登録フォームに一言書いておくと親切です。
特に突然配信頻度を大幅に増やしてしまうとユーザーがスパムと感じてしまい購読解除されてしまう可能性があります。

3. メールマガジンのレポートを見ていない。

メールマガジンは情報発信をするだけではなく、ユーザーの情報も獲得出来る機会です。ユーザーはどのコンテンツ、どの商品・サービスに興味があるのか、レポートの結果を見て、常に調整しましょう。Mail Chimpsでは、ユーザーがメールを開いた時間、場所、クリックされたリンクの数字を見ることができます。「eCommerce360」という機能を使うと、メールマガジンから売上た数字まで管理できるのでレポート機能をしっかり利用しましょう。

また、ユーザーリストの管理という機能もあります。こちらの機能を使用しユーザーの行動を見ることができます。一度メールマガジンに登録したユーザーのリストをそのまま放置はしていないでしょうか?海外のメールマガジンツールは、メールマガジンが届く確率を重要な指標として、管理しています。もしユーザーがメールマガジン全然見ていなかったり、Spam としてレポートしてしまっている場合、届く確率は下がります。届く確率が一定数より下回ってしまうと、メールマガジンのアカウントが使えなくなってしまいます(Spamを行っている会社を防止する為に)。

そのため、長い時間メールマガジンを開いていない、1年以上見ていないユーザーに対しては解約させることも検討しましょう。せっかく登録していただいたユーザーに対してこのような対応をすることは勇気が入る行動です。但し長い目で見ると、御社のアカウントを守るためにも重要な方法と言えます。

4. ソーシャルファンクションを使っていない。

メールマガジンは御社の新しい商品・コンテンツを見込み客に教えるために利用します。そのため様々なユーザーに広めるためソーシャルメディアと連動しない手はありません。Mail Chimpのサービスを使うと、メールマガジンと御社のTwitter・Facebookと連動することができます。

5. ユーザーがメールマガジンを読んでいるだけで、サイトに訪れていない状態になってしまっている。

こちらは間違いというより、戦略の見直しの部分になりますが、メールマガジンはウェブサイトの1つのファンクションとして、存在しています。
メールマガジンは時々開いているものの、全くサイトに訪れていないユーザーもいます。
このような場合、戦略自体を考え直す必要があります。
(例えば、ウェブサイトでキャンペーンに参加するとポイントをプレゼントさせる誘導を行う等)

ただメールマガジンを読んでもらうだけではなく、定期的にサイトに訪れていただけるような仕組み作りが重要です。

以上、
メールマガジンマーケティングで起こしやすい間違い5つについてお伝えさせていただきました。

ご参考になれば幸いです。

参照サイト:
http://vimeo.com/6423843

http://www.seomoz.org/blog/using-emails-to-build-links-whiteboard-friday

 

無料相談はこちらから

Get a free consultation

メールでのお問い合わせ

メールで無料見積もり
メールは24時間365日受付中!
※問い合わせメールの文章は日本語・英語のどちらでも大丈夫です

海外WEBマーケティングソリューション一覧

Solutions