“戦略的”Shopify越境ECサイト構築

EC site creation

  1. 世界へボカン ホーム
  2. ソリューション
  3. “戦略的”Shopify越境ECサイト構築

"戦略"を元に海外で売れる「Shopify」の越境ECサイトを構築します

越境ECに最適なECプラットフォーム「Shopify」と
世界へボカンの戦略を元にしたサイト設計が加わることで
貴社商品の海外販売を力強くサポートします

こんな企業様にオススメ
  • 売れる越境ECサイトを新たに立ち上げたい!
  • ネイティブによるコピーライティングからお願いしたい。
  • 越境ECサイトを立ち上げたものの売上が伸び悩んでいる。

「Shopify(ショッピファイ)」が越境ECでオススメの理由

Shopifyはカナダ発のグローバルECプラットフォームで、世界で60万店舗以上が利用しています。

商品登録や受注管理、顧客管理、メール配信、クーポン機能、広告出稿管理といった、越境ECに必要な機能を網羅しているほか、
海外販売に必要な様々な機能をアプリで簡単に実装することが可能です。

また、Google アナリティクスやInstagramのショッピング機能など、外部ツールと連携しやすく、Webマーケティングを行いやすいのも特徴。
さらに、初期費用や月額利用料が比較的安いといったメリットもあります。

Shopifyのロゴ

世界へボカンはShopifyの公式マーケティングエキスパートです

海外で売れるための戦略作りとは?

どのような手段を使い、貴社商品を継続的にその市場で販売していくのか、総合的な準備、計画、運用の方策を定める必要があります。

そのために自社分析、競合分析、市場分析を行い、ターゲットや購入決定要因などをクリアにする作業を行います。

戦略に必要な3つの分析

1.自社分析
現状把握、目標と課題、購買決定要因、失注要因など時間をかけてヒアリングを行います。
そして、Webサイト分析ツールを使って定量的に改善点を洗い出します。
2.競合分析
競合の強みやアピールしている訴求点を理解することで、他社と自社の差別化となる要素をクリアにしていきます。
また、競合他社が持つサイト内のコンテンツや、行っているマーケティング施策なども調査いたします。
3.市場分析
ターゲット市場の定量的データのリサーチや、現地顧客のニーズを把握し、狙うべき顧客の解像度を上げていきます。
狙うべき顧客がクリアになることで、見せるべきコンテンツや適切なプロモーション施策の検討などに生かすことができます。

なぜ戦略を立てることが重要なのか

海外向けにECサイトを作ったものの商品が売れず、その理由もわからない。
どうしたらいいでしょうか、というご相談をよくいただきます。

そのようなお悩みの原因は、誰に対しどのように売るのか、そのために必要な調査や情報整理が十分でないままサイトを作ってしまったことで、
顧客視点ではなく企業視点のサイトになってしまっていることが挙げられます。

世界へボカンはそういった課題を解決するために、調査、分析をもとにどういったサイトを作るべきか、
サイトのあるべき姿を明確にしたうえでWebサイトの構築を行います。
さらにサイト構築後も調査、戦略立案のデータをもとにサイトの改良やプロモーション施策に生かすことができます。

ー 顧客視点のサイト構築の重要性 ー

企業視点(作り手視点)のサイトは、ターゲット顧客が知りたい情報が不十分であったり、
他社との違いが明確になっていないためにその商品購入につながりづらくなっています。

それは作り手側の商品に対する思いや知識が深いがゆえに、顧客の目線と企業(作り手)の目線にズレが生じ、
顧客が知りたい情報と、企業が伝えたい情報にミスマッチが起こってしまっています。

それを解決するためには、顧客が知りたい情報が何なのかを正しく理解するプロセスを踏む必要があります。

2軸マトリクス図。縦軸は、上は成果が高く、下は成果が低いことを示しています。横軸は、左が企業視点で、右が顧客視点を示しています。顧客視点のサイトは右上に位置し、悩みや問題の解決、明確な他社との違い、顧客に響くストーリー響くストーリー、ユーザーが必要とする情報、購入しやすい仕掛けなどが含まれています。加えて、誰に対しどのように売るのかと、そのために必要な調査や情報整理が必要になります。例として、競合調査、市場調査、ペルソナ作成、ポジショニングマップの作成が挙げられます。対して、改善するべき企業サイトは、課題解決よりもスペック、いいものという思い込み、漠然としたメッセージ、新規顧客向けではなく、とにかく詰め込む、逆に情報量が少ない、などが挙げられます。改善のためには、企業視点サイトから顧客視点サイトへと変わる必要があります。
企業視点と顧客視点のサイトの違い

商品価値を正しく伝える英文コピーライティング

打ち合わせの風景写真。ネイティブの編集者とコピーライターが同席してしっかりとした打ち合わせを行っている場面です。

クライアント様から頂いたテキストを単に翻訳するだけは、海外の顧客に正しく価値が伝わりません。
調査、戦略立案の工程を経ることで、自社のポジションや訴求軸が分かるだけでなく、顧客が求めるトーンやマナーが分かり、弊社のネイティブの編集者、コピーライターが顧客に響くトーンでライティングを行います。

世界へボカンのShopify越境ECサイト構築は
調査・分析をもとに戦略的なサイト設計を行うことに価値があります

Shopify越境ECサイト制作+海外WEBマーケテイング成功事例 株式会社Philocoffea様

ECサイトの構築・運用の流れ

ECサイトの構築・運用の流れ。まずはヒアリングを行います。その後に市場調査・競合調査、ペルソナ作成、ポジショニングマップ、USPの洗い出しを行います。続いてECサイトの全体設計、必要な機能の洗い出しを行います。ここまでで1ヶ月から2ヶ月を目安にしています。その後は構築に移り、サイトの構築、機能の実装、コンテンツの制作を行います。構築後は、コンテンツの拡充と運用・メンテナンスを行います。

お見積りの事例

A社B社
見積もり金額 約350万円 約250万円
カテゴリ アパレル 食品
課題
  • 日本語特有な言葉の英語翻訳
  • 海外ユーザへの商品価値の伝え方
  • 英語コンテンツの作成
  • SNSマーケティングの活用
  • 英語での越境サイト構築
  • 海外ユーザへの商品価値の伝え方
  • SNSマーケティングの活用
提案内容
  • 調査戦略立案
  • SEO内部施策
  • 英文コンテンツ作成
  • Shopify ECサイト構築
  • 調査戦略立案
  • Shopify ECサイト構築
制作期間 約4ヶ月 約3ヶ月

私たちは越境ECにおける購入までの各ステップの遷移率の基準値と長年の改善施策のノウハウがあります。
サイト構築する際に海外のユーザーに購入して貰う為のノウハウを盛り込む事は勿論の事、
構築後の改善も基準値をベースに実施し、サイトのパフォーマンスを上げていきます。

お問い合わせお待ちしています!

世界へボカンが提供する10のソリューション

私たちが、
御社の海外進出を
サポートいたします!

私たちが提供するサービスや試作に関する様々な取り組み、
300社以上の支援実績から導き出した
海外Webマーケティングのノウハウをまとめました。
ぜひご利用ください。

お役立ち実践ガイド

お問い合わせお待ちしています!