Google Analyticsマルチチャネル:コンバージョン経路分析

2012/04/10

こんにちは。ポータル・ジャパンのBennyです。

最近、Google Analyticsに新たな機能が複数追加されており、今回はその機能のご紹介を出来ればと思います。

これまで、アナリティクスではユーザーがゴールに辿りついた際に、そのユーザーが最後に訪れたサイト、検索、広告、キャンペーンを参照元として見ていました。しかしながら、更にもう一個前に訪れたウェブサイト、検索、広告、ソーシャルメディア等がコンバージョンにどのように貢献して、どういった役割を果たしているか確認する事が出来ませんでした。

まだ完全な機能ではありませんが、昨年リリースされたGoogle Analyticsからマルチチャネルファネル(Multi-Channel Funnel)を使用する事で、この問題を解決する事が可能です。

マルチチャネルレポートは、コンバージョンに到達するまでのマーケティングチャネル(ウェブサイト、検索、広告、ソーシャルメディア)の関係を示すレポートです。レポートは各コンバージョンから30 日間前までの経路や一連のインタラクション(クリックや参照)を元に作られます。

ユーザーが商品を購入する前に、購入したい商品を検索したり、商品についてレビュー、口コミ、Q&Aサイトを閲覧し、情報収集してから広告をクリックしているとします。

このような時に、マルチチャネルレポートでを元に下記のような5つのデータを抽出する事が可能です。

  • 他のチャネルがコンバージョンにどのように貢献しているか
  • コンバージョンまでどれぐらい時間が掛かったのか
  • コンバージョンまでに経路
  • 一番効果的なコンバージョン経路

マルチチャネルレポートのメリットとしては:

  • すべてのマーケティングチャネル一つのレポートで確認可能です。
  • マーケティング努力の価値を理解する事が可能です。
  • お客様のコンバージョンまでの行動を分析が出来ます。
  • チャネルのパフォーマンスによってマーケティング戦略と予算管理を改善が可能になります。

是非、下記の動画を参考にし、使ってみてください。

マルチチャネルレポートの紹介動画(日本語字幕が付き)

マルチチャネルレポートのウォークスルー動画(英語のみ)

無料相談はこちらから

Get a free consultation

メールでのお問い合わせ

メールで無料見積もり
メールは24時間365日受付中!
※問い合わせメールの文章は日本語・英語のどちらでも大丈夫です

海外WEBマーケティングソリューション一覧

Solutions