世界へボカンの名前の由来と我々のミッション

2017/05/01

はじめてお会いした方と名刺交換をさせて頂く際に、「世界ヘボカンのブログ読んでますよー」と嬉しい事を言って頂ける方と、「何で、世界ヘボカンという名前なんですか?」と質問してくださる方がとても多いです。

名前の由来については聞かれる率90%くらいなので、今回は世界ヘボカンの名前の由来やどんな経緯で設立された会社なのかご説明したいと思います。

会社設立の経緯とミッション

世界ヘボカン株式会社は、「日本の魅力を世界へ伝える」というミッションを海外WEBマーケティングで実現する為に2014年8月に元々働いていた会社の海外WEBマーケティング事業部をMBO(経営権の買収)して設立した会社です。

設立当初は、前職で海外WEBマーケティング事業部を立ち上げた私と取締役の加瀬、外国人メンバーの3名でした。

今は日本人、アメリカ人、フランス人、オーストラリア人と様々な国から各分野のプロが集まってくれており、メンバーも二桁に増えました。

主に、英語での運用型広告(Google AdWordsやFacebook広告)、SEO・コンテンツマーケティング、サイト改善コンサルティングサービスを提供しています。現在は、越境ECに取り組む企業様向けにフォーカスし、多くの実績を残しています。

私たちの思い

日本には、素晴らしいサービスやプロダクトがたくさんあるにも関わらず、海外に魅力を伝える術を知らずに衰退してしまっている企業や産業が数多くあります。

英語サイトを作っても、日本語サイトをただ翻訳しただけでは、単に日本人のターゲットに訴求すべき内容を英語化したものです。

海外で売れる越境ECサイトにする為には、ターゲットとする海外のユーザーを集客するだけでなく、貴社の魅力や強みを正しい英語で伝える必要があります。

日本人コンサルタントが各企業の魅力を引き出し、外国人メンバーがターゲットオーディエンスに正しい英語で伝える事でお客様のビジネスを成功に導きます!
(魅力を引き出す、正しい英語で伝えるメンバーが揃っているというのが、海外専門の弊社ならではの強みの1つです!)

 

世界ヘボカンの名前の由来

世界へボカンの「世界へ」という言葉には、上述のような「日本の魅力を世界へ伝えるという」ミッションを実現する為の会社という意味合いと、「海外専門のWEBマーケティングでビジネスをしていく、日本向けのWEBマーケティングは一切やらない」という覚悟が込められています!

「ボカン!」は世界へ発信する時の音です!

ボカーン!

・・・

じゃ、若干、ユニークな名前だったかな…と我ながら思いますが、今となってはインパクトがあって、一度で覚えてもらえて良かったなと考えてます。

我々のビジョン

我々のビジョン「クライアントの熱い思いを海外WEBマーケティングで実現できる最高のチームを作り、一社でも多くの日本企業の海外進出を成功させる事」です。
その為に、海外WEBマーケティングサービスの質、サービスの種類、サービスを提供するメンバーの層の3軸を常に強化しています。

海外向けWEBマーケティングでクライアントを成功に導くのは、SEOやコンテンツ、リスティングといった単発の施策(戦術)を行うだけではなく、どのように海外市場で勝っていくか戦略段階から共に考える必要があります。

会社設立前のコンサルタント時代も含めると約10年間、クライアント様一社一社と向き合い、海外でどう勝っていくのか戦略立案から取り組んで来ました。

 

時代の移り変わりと共に提供するサービスは大きく変わるかもしれません。しかし、これからどんなに会社が大きくなっても、お客様と共に歩み、成果に導く姿勢は変えず、自社のプロダクトを愛し、熱く語るクライアント様の海外進出を支援していきます!

投稿者プロフィール

Yuki Tokuda
代表取締役
イギリス留学を経て、海外WEBマーケティングを行う企業に入社。
外国人マーケターと共に海外WEBマーケティングチームを牽引する。
特に英語サイトのSEOに精通し、東京だけでなく、新潟、京都、大阪、名古屋、福岡等、日本全国を飛び回り、クライアントと膝を突き合わせ、WEBコンサルティングを行うスタイルを得意とする。
海外WEBコンサルティングで、アフリカ向け中古車輸出企業の売上を30億円から500億円に導く等、中古車輸出、製造業、不動産関連のプロジェクトで数多くの実績を残す。
2014年8月に世界へボカン株式会社を設立。

無料の相談はこちらから

Get a free consultation

メールでのお問い合わせ

メールで無料見積もり
メールは24時間365日受付中!
※問い合わせメールの文章は日本語・英語のどちらでも大丈夫です