海外向けリスティング広告「地域ターゲティング」の注意点

2014/03/12

main02

「あれ、なんで自分がいるエリアで広告が出てるの??」

弊社のお客様の海外向けリスティング広告で地域ターゲティングをしているアカウントがあります。そのお客様は某県(関東以外)で外国人向け語学学校を運営されています。お客様から過去の実績として某県以外からの問い合わせは成約率が著しく低く「広告を出すのはその県だけにしてほしい」と伺っていました。そのため某県のみで地域ターゲティング設定をしていたのでもちろん私がいる「東京で検索しても広告は出ないもの」だと思っていました。

ただ、ふと入稿しているキーワードを何気なく検索していたら、検索結果画面に出るはずのない広告が出ており、「なぜ?」と思ったことが今回の話の発端です。

まず、Google AdWordsの地域ターゲティングでは以下3つの設定から配信範囲を選ぶことができます。

1

上から順に

①ターゲット地域にいるユーザー、ターゲット地域に関する情報を検索したユーザー、ターゲット地域に関するページを閲覧しているユーザー(デフォルト)
②ターゲット地域にいるユーザー
③ターゲット地域に関する情報を検索したユーザー、ターゲット地域に関するページを閲覧しているユーザー

となっており、①がデフォルトの設定となっています。

参考までに、配信対象を図にしてみました。

2

ご覧の通り、特定のエリアのみに出しているはずでも、②でなければ「特定のエリア以外にいるユーザー」に広告が配信される場合があります。
この「特定のエリア以外にいるユーザー」に当てはまる人はGoogleのシステムで独自に判断されるので明確に条件を提示することは難しいのですが、説明にも書いてあるように特定のエリアに関する情報を検索したことがあるユーザーだったり、そのエリアに関するサイトを閲覧したことがあるユーザーが該当するそうです。

例えば地域ターゲティングを北海道にした場合、

・「北海道 旅行」や「北海道 ホテル」等で検索したことがあるユーザー
・北海道の情報サイトやポータルサイト等を閲覧したことがあるユーザー

あたりが「特定のエリア以外にいるユーザー」に当てはまる可能性があります。
①か③で設定するとこのユーザーにも配信されることがあります。
(Googleとしては少しでも興味・関心のある、見込みユーザーに広告を配信する目的でこのような仕様になっているそうです)

冒頭でお伝えした件も、私が過去お客様の語学学校があるエリアや関連するキーワードで検索したことがあり「特定のエリア以外にいるユーザー」に該当したため、広告が表示されたようです。

通常、「地域」の設定でエリアを入れるだけで今回の「ターゲット地域の詳細設定」はもしかしたら気にされていない方もいらっしゃるかもしれないため、ぜひ一度設定をチェックして頂ければと思います。

なお、
「特定のエリア以外にいるユーザー」をチェックする方法ですが、
「詳細分析」画面で表示を「ユーザーの所在地」にすることで確認することができます。

3

ご覧の通り、日本の某県をターゲットにしているのに、アメリカ等の外国にいるユーザーに配信されています。
※ちなみに表示を「地域」にすると「某県」に配信されたというデータが出てきます。

もし本当に特定のエリアにいるユーザー「だけ」に配信したい場合は「ターゲット地域の詳細設定」で②を選択してください。

③に関しては特定の地域に興味・関心あると判断されたユーザーに配信されます。
そのため先ほどの続きで言うと「北海道に実際にいる人は配信される可能性もあるかもしれませんが、興味・関心が無いとGoogleに判断されれば配信されない」という設定になります。

少しややこしいかもしれませんが、、、目的に併せてしっかり配信していきましょう。

なお、
今回の弊社の語学学校のお客様には後日談があります。
最初は某県だけをターゲットにしたかったのですが、
・やはり某県にいるユーザーも見込み度が低い(成約率が悪い)
・某県に興味のある外国人は欲しい
ということで以下のように③の設定で興味・関心のあるユーザーを引っ張ってきつつ、某県にいるユーザーは除外し、広告を配信しなくする、という設定に変更しました。

4

インプレッションやクリックは減ってしまうのですが、より見込み度の高いユーザーのみに広告を配信しようと日々頑張っております!

以上、今回の地域ターゲティングはデフォルトの設定では「ターゲット地域にいるユーザー、ターゲット地域に関する情報を検索したユーザー、ターゲット地域に関するページを閲覧しているユーザー」となっております。
特定の地域にいる人の他にも興味・関心のある関連性あるユーザーを引っ張ってきたい方であればこのままでいいのですが、明確に「その特定の地域にいる人だけ」をターゲットにする場合は「ターゲット地域にいるユーザー」に変更する必要があります。

仕様が少し細かいのでもしかしたら知らず知らずのうちに意図していないユーザーに広告を配信してしまっている場合もあります。
特に海外向けの場合、英語なので対象エリアは広いです。そのため興味・関心のある関連性あるユーザーを引っ張ってくるボリュームも多くなる可能性があります。
地域ターゲティングのご参考になれば幸いです。

無料相談はこちらから

Get a free consultation

メールでのお問い合わせ

メールで無料見積もり
メールは24時間365日受付中!
※問い合わせメールの文章は日本語・英語のどちらでも大丈夫です

海外WEBマーケティングソリューション一覧

Solutions