コラム

Column

  1. 世界へボカン ホーム
  2. コラム
  3. 海外向けリスティング広告
  4. 海外向けバナー広告のアイデアを競合リサーチから考える

海外向けバナー広告のアイデアを競合リサーチから考える

海外向けバナー広告のアイデアを競合リサーチから考える

バナー広告はどういったデザインにすればいいのか悩むことってありますよね。

自由にデザインできるからこそどのようなデザインが好まれるのか考えるのが難しいですが、今回は競合他社のバナー広告デザインをチェックする方法についてご紹介したいと思います。

 

 

1. 海外の競合他社の見つけ方

まずは競合他社の見つけ方について解説いたします。

特に海外の場合はそもそも海外にはどのような競合がいるのか分からない方も多いと思いますので、下記のステップで海外の競合他社をリストアップしていただけると思います。

①キーワードを考える

貴社の扱う商材やサービスに関連する主要なキーワードを3つくらい考えてみましょう。

この際にキーワードはビッグキーワード、ミドルキーワードといくつかパターンを出してみて、そこから絞り込むのが良いと思います。

例えばお茶であれば下記のようなキーワードが挙げられます。

  • green tea
  • matcha
  • japanese tea
  • tea
  • japanese green tea

この中でteaが一番のビッグキーワードになりますが、この場合ウーロン茶やほうじ茶といったジャンルも含まれるので、扱っているのが日本茶のみであれば、green teaやjapanese teaの方がマッチします。

いくつか出してみた中で、各キーワードを比較して、貴社にマッチするキーワードに絞り込んでいきます。

なお、キーワードの案を出すにはGoogleのキーワードツールがオススメです。

②検索して出てきたサイトを見る

次にリストアップしたキーワードで実際に検索をしてみます。

その際の注意点としては可能な限り海外ユーザーの検索環境に近い形にして頂くのが良いので、検索エンジンの言語設定を「英語」にして、地域設定も「米国」など海外に変更してください。

検索エンジンで言語や地域を変更する方法は下記になります。

<Googleの言語と地域の変更方法>

  1. Googleの検索エンジンのホームページを開く
  2. 右下に「設定」があるのでそちらをクリック
  3. 「検索の設定」を開く
  4. その中の検索結果の中に地域の設定があるのでそこで地域を選択
  5. 言語は左メニューの「言語」を開き、そこで言語を選択

※さらにより海外ユーザーの検索に近づけるにはIPを変更できるVPNサービスなどを利用すると、海外のIPに変更することができます。

検索の設定が整ったら、先ほど選定したキーワードで検索してみてください。どのようなサイトが表示されるでしょうか?

検索結果から競合他社を見るポイントを以下に記載させていただきます。

広告枠に出てくる競合をチェック
・ショッピング広告、検索広告で頻繁に目にするもの
・ショッピング広告は特に評価が高く評価数が多いものをチェック

自然検索:商材に関連するテーマの記事からチェック
・記事内で取り上げられているオススメ商品

自然検索:競合のWebサイトをチェック
・自然検索結果で上位に出てくるWebサイト
・SEO的にも強いと考えられる

頻繁に広告が出ていたり、記事で頻繁に取り上げられている商品はその業界で知名度が高い可能性がありますので、それらは競合としてピックアップしておきましょう。

③Amazonでその商品のカテゴリーのTop10をチェックする

検索エンジンではなく、Amazon内で検索する人も多いので、Amazonでも同様にキーワードで検索してみましょう。

場合によってはランキングが表示されたりする場合もあるので、売れ筋上位の商品は要チェックです。

また、目ぼしい商品があれば、必ずその商品の公式サイトも調べてチェックしてみましょう。

④ピックアップした競合が指名検索の多い商品やブランドなのかをチェックする

競合他社の商品名やブランド名がどれくらい検索されているのかGoogleのキーワードツールで調べます。

検索ボリュームが多ければ多いほど、認知されていて顧客も多くついているということなので、その業界でシェアの高い競合である可能性が高いです。

⑤SNSやレビューサイトなどでメンションの多い商品かどうかをチェック

また、SNSやレビューサイトなどでもメンションされているのかも見てみましょう。

レビューもいくつかチェックしてみて、高レビューが多ければ、顧客満足度の高い商品である可能性が高く、またどういった点に満足しているのかも知るきっかけになるので自社製品との違いを理解するのにも活用できます。

 

上記の方法で競合となりそうな商品、企業を探してみてください。

なお、競合としてふさわしいサイトや商品は、主に下記のものが当てはまります。

競合としてふさわしいサイトや商品
・その業界やカテゴリーで売れている商品(販売数実績が多いもの)
・認知度が高い商品(指名検索ボリュームがある)
・販売数は少なくても自社の商材と非常に似ているものを扱っている

できるだけ偏らず網羅的に上記のような競合を5社程度ピックアップできると良いと思います。

2. 競合のクリエイティブをチェックするツ―ル

バナー

 

では競合他社をリストアップできたら、それらの競合がどういった広告を出しているかをみてみましょう。

なお、全ての競合が広告を出しているわけではないので、広告を出している場合のみ見ることができます。

また、広告の露出量が少ない場合は、データを見ることが出来ないケースもあるので、その点は予めご了承下さい。

 

今回は競合他社の「バナー広告」を見てデザインアイデアを考えるというテーマですので、競合のバナー広告を見ることのできるツールをご紹介いたします。

moat

moat.com/advertiser/

こちらはある程度大きなブランドに限られますが、検索ボックスに競合他社の名前を入れて、名前が出てくれば競合のバナーを見ることができます。

adbeat

adbeat.com/free/advertiser/

こちらはサービス利用の為にメールアドレスを登録する必要があります。(登録無料)

検索ボックスに競合名を入れると出てきます。

左メニューのAdvertiser Adsをクリックするとバナーのリストがずらっと表示されます。

facebook, Instagramのクリエイティブチェック

facebook.com/ads/library/

facebookやInstagramはAd Libraryを使います。

こちらは公式のツールとなります。

競合のSNSアカウント名を入れるとアカウントがあればボックスに表示されるので、それをクリックすることで競合の広告を見ることができます。

無料で競合のバナーを見ることができるツールは少ないので、ぜひ参考にしてみてください。

また、競合他社のバナー以外にも海外のバナーデザインは検索すると多く出てきます。

 

バナーを集めたサイトなどもあるので、そういったサイトも参考にしてバナーデザインを考えると良いでしょう。

 

もし越境ECサイトの集客でお悩みでしたら、世界へボカンへお問い合わせください!↓↓↓

世界へボカンの海外向け広告運用サービス

世界へボカンが越境ECの本を出版しました!

あなたの海外進出のお悩みを解決します!

弊社では、皆様のサービスや商品を最適な形で海外に進出するためのサービスをご用意しています。
具体的なプランは個々のご事情に合わせて策定いたしますので、まずはご相談ください。

今なら、面倒な要件整理がいらないチャット相談を実施中!

加瀬雅彦
投稿者: 加瀬雅彦/Kase Masahiko
COO/運用型広告チーム チーフマネージャーコンサルタント
海外Webマーケティング事業に10年以上身を置き、2014年8月に代表徳田と共に世界へボカン株式会社を設立、取締役に就任。
英語Google広告運用、ソーシャルメディア広告、アクセスログ解析、英語サイト改善など、数多くのプロジェクトに携わる。
投稿記事一覧へ

更新情報を確認できます!

弊社では海外WEBマーケティングに関する情報をメルマガやSNSで発信しています!
是非、登録やフォローして最新の情報を入手してください。

はじめて越境EC、海外Webマーケティングに取り組む方向けに書籍を出版しました!

書籍「はじめての越境EC•海外Webマーケティング」の表紙写真

はじめての越境EC•海外Webマーケティング

越境ECの基本となる調査、制作、プロモーション、税務、法務を網羅。
YouTubeと連動し、更に細かい情報が獲得できます。

amazonで購入する

私たちが、
御社の海外進出を
サポートいたします!

私たちが提供するサービスや試作に関する様々な取り組み、
300社以上の支援実績から導き出した
海外Webマーケティングのノウハウをまとめました。
ぜひご利用ください。

お役立ち実践ガイド

お問い合わせお待ちしています!