コラム

Column

  1. 世界へボカン ホーム
  2. コラム
  3. ShopifyでADD TO CARTボタンのクリックをコンバージョン設定する(※GTM使います)

ShopifyでADD TO CARTボタンのクリックをコンバージョン設定する(※GTM使います)

ShopifyでAdd to cartクリックをCV設定する方法

広告運用を開始したけど、コンバージョンが少ない!ということありませんか?

 

特に海外向けの広告配信となると、まだ海外ユーザーに対して知名度も低く、ほぼ新規ユーザーにリーチするため、いきなり購入コンバージョンはなかなか取れないケースはよくあります。

 

その場合は、マイクロコンバージョンを設定しますが、今回ご紹介するのは ”ADD TO CART” のクリックをコンバージョン設定する方法をご紹介します。(※Google Tag Mangerを使って設定する方法となります。)

 

Add to cartボタン

 

1. Google広告の管理画面でコンバージョンタグを発行する

(1) Google広告より新規コンバージョンタグを発行します。

Google広告の新規コンバージョンタグ作成

(2) トラッキングしたいアクションは「Website」です。

コンバージョンアクションの選択

(3) 各種設定をします。

  • Categoryは「Add to cart」を選択します。
  • Valueはなしにします。
  • カウントは1回にします。

コンバージョンの各種設定

(4) GTM用のIDとLabelを取得する

今回はGTMでの設定になるので、GTMで設定するタブからConversion IDとConversion Labelを使います。

GTM用のIDとLabelを取得

2. 発行したコンバージョンタグをGTMで設定する

(1) タグの設定

Google Ads Conversion Trackingで発行したコンバージョンタグのIDとLabelを入力します。

GTMのタグ設定

(2) トリガーの設定

  • トリガータイプはClick – All Elementsを選択します。
  • トリガーの発火条件はSome Clicksで下記の設定にします。
    Click ID, contains, AddToCartText

トリガーの設定

ソースを確認すると、Add to cartボタンのソース内にIDで下記のようなAddToCartTextが入っており、これが発火条件となります。

ソース

 

以上がShpoifyでAdd to cartボタンのクリックをコンバージョン設定する方法となります。

 

加瀬雅彦
投稿者: 加瀬雅彦/Kase Masahiko
COO/運用型広告チーム チーフマネージャーコンサルタント
海外Webマーケティング事業に10年以上身を置き、2014年8月に代表徳田と共に世界へボカン株式会社を設立、取締役に就任。
英語AdWords広告運用、ソーシャルメディア広告、アクセスログ解析、英語サイト改善など、数多くのプロジェクトに携わる。

更新情報を確認できます!

弊社では海外WEBマーケティングに関する情報をメルマガやSNSで発信しています!
是非、登録やフォローして最新の情報を入手してください。

私たちが、
御社の海外進出を
サポートいたします!

私たちが提供するサービスや試作に関する様々な取り組み、
300社以上の支援実績から導き出した
海外Webマーケティングのノウハウをまとめました。
ぜひご利用ください。

お役立ち実践ガイド

お問い合わせお待ちしています!