コラム

Column

  1. 世界へボカン ホーム
  2. コラム
  3. 【最新】海外SEOで成功するためのポイント!国別のSEOの特徴を知ろう

【最新】海外SEOで成功するためのポイント!国別のSEOの特徴を知ろう

海外SEOとは

SEOはGoogleなどの検索結果で、上位表示を目指すために必要なプロセスです。海外SEOは、海外に最適化したSEOを行うことを意味します。海外SEOを実施する際は、ターゲットとなる国のニーズや言語に合わせる必要があります。国によって利用される検索エンジンなども異なるため、海外SEOでは日本SEOと考慮する点が異なるのです。

海外SEOと日本SEOの違い

海外SEOでは、それぞれの市場や文化の違いから生じる異なるニーズに対応する必要があります。
まずは、海外SEOと日本SEOの違いを4つ解説します。

言語とキーワード

日本SEOでは、日本語での適切なキーワード選定が重要ですが、海外SEOでは異なる言語や地域ごとの文化に合わせたキーワード選定が求められます。文化的なニュアンスや言葉の使い方を、ターゲット国に最適化することが必要です。

検索エンジン

海外SEOでは、国ごとの主要な検索エンジンに対応することが必要です。
国によって利用される検索エンジンは異なります。日本ではGoogleのシェア率が7割以上となりますが、中国ではBaiduが約6割を占めています。

国ごとの検索エンジンのシェア率は、「国別SEOの特徴」の章で詳しく解説します。

モバイル利用

SEOでは、検索エンジンを利用する際に「ユーザーがどのような端末からアクセスするか」も考慮する必要があります。利用する端末によって画面サイズなどが異なるため、サイト構築やWebページ作成時は、ボリュームゾーンに焦点を当てた方がいいでしょう。

日本・アメリカ・中国の、モバイル・デスクトップ・タブレットの利用率(2024年1月)は、以下の通りです。

モバイル デスクトップ タブレット
日本 61.34% 36.61% 2.04%
アメリカ 54.29% 43.06% 2.65%
中国 62.79% 35.47% 1.74%

データ参照元:earch Engine Market Share | Statcounter Global Stats

文化

海外SEOでは、海外市場や文化に特化したSEOを行います。
他国の文化を理解した上でSEOを行えないと、ユーザーニーズを満たせず、検索エンジンの上位表示は難しいでしょう。日本人が日本SEOを行う場合と海外SEOを行う場合では、難易度が異なります。
日本の文化と海外の文化が異なることを理解して、国ごとにSEO戦略を最適化することが重要です。

 

海外SEOの動向

海外SEOでは、常に変化するアルゴリズムやテクノロジーに柔軟かつ迅速に対応することが求められます。
トレンドを把握し、効果的な手法を取り入れながら、ユーザーに価値あるコンテンツを提供することが重要です。

自然言語処理

AI技術が発展し、自然言語処理技術も向上しています。コンテンツを作成する際、キーワードをたくさん入れることで上位表示を狙うなどの方法は最善とは言えません。自然言語処理技術を活用して、ユーザーがより自然にコンテンツを読めるような文章や内容にすることを意識しましょう。

E-E-A-Tの重要度

E-E-A-Tは、経験、専門性、信頼性、権威性を意味しており、SEOの評価でも重要視されています。SEOでは、ユーザーに正確で有益な情報を提供できているかを意識することが必要です。E-E-A-Tを高めるためには、専門家からの情報提供や権威のある人から評価してもらうことなどがポイントです。

モバイルファーストインデックス

モバイルファーストインデックス(Mobile-First Indexing)は、Googleが検索エンジンの検索結果を決定する際に、モバイルのWebページを優先的に利用するアプローチを指します。従来はデスクトップが優先されていました。しかし、ユーザーが主にモバイルを使用して検索する傾向が強まったため、モバイルファーストインデックスが導入されました。SEOでは、モバイルサイトの速度やUXの向上、レスポンシブデザインが注力されます。

ローカルSEO

海外SEOでは、地域情報を活用したローカルSEOの重要性が高まっています。キーワードやコンテンツ、地図上でのビジネス情報などは、地域に特化することを意識し、ローカルSEOの最適化を行いましょう。

音声検索

音声検索の普及に伴い、単語的な検索だけでなく、口語的なフレーズで検索されることが増えています。音声検索されることを想定して、コンテンツ内ではより自然な文章になるよう意識するといいでしょう。ただし、入力検索を意識した従来のSEOも重要です。音声検索、入力検索のどちらにも対応できるよう、より自然な表現を取り入れることがポイントになります。

 

国別SEOの特徴

海外SEOでは、国に特化したSEOを行う必要があります。国別の検索エンジンのシェア率や特徴を解説します。
参照データは「statcounter」の2024年1月のデータです。

データ参照元:earch Engine Market Share | Statcounter Global Stats

中国のSEO

世界的にGoogleのシェア率が高い中、中国では「Baidu」が約6割を占める結果となっています。中国では、政府によるインターネット規制が行われており、Googleなど一部の海外SNSへのアクセスが制限されているのです。検索エンジンが異なると検索アルゴリズムも異なるため、独自のアプローチが必要となります。キーワード選定やコンテンツ作成などは、主に「Baidu」を意識してSEOを行うといいでしょう。

検索エンジン シェア率
Baidu 61.11%
bing 17.48%
Haosou 6.86%
Sogou 5.58%
Yandex 3.16%
その他 5.81%

アメリカのSEO

アメリカの検索エンジンシェア率を見ると、Googleが87.46%と圧倒的です。アメリカでSEOを行う場合、Googleアルゴリズムに精通している必要があります。キーワード選定やコンテンツ作成、リンク構築、モバイルフレンドリー対応など、一般的なSEO戦略を実施することは必須でしょう。アメリカの市場動向やトレンドをすばやくキャッチし、最適化していくことがポイントです。

検索エンジン シェア率
Google 87.46%
bing 7.87%
Yahoo! 2.34%
DuckDuckGo 1.87%
Yandex 0.17%
その他 0.28%

韓国のSEO

韓国の検索エンジンシェア率を見ると、Googleが61.23%と最も多く、続いてNAVERが32.75%を占める結果となっています。韓国のSEO市場は競合が非常に激しいのが特徴です。エリアによってキーワードが異なる場合もあります。韓国語は日本語と構造が似ているため、日本SEOと似たようなアプローチとなるでしょう。

韓国の検索エンジンシェアで32.75%を占めるNAVERのアルゴリズムは、コンテンツの質やユーザーの反応、ソーシャルシグナルなどを重視しています。検索エンジンのアルゴリズムは、検索結果の順位を左右する要因です。韓国SEOを行う際は、GoogleとNAVERのアルゴリズムを理解して進めることが必須です。

韓国では主流のSNSである「KakaoTalk」を活用した戦略も重要でしょう。KakaoTalk内でコンテンツのシェアやリンク獲得もSEOでの評価に繋がります。

検索エンジン シェア率
Google 61.23%
NAVER 32.75%
bing 3%
Daum 1.67%
CocCoc 0.44%
その他 0.92%

ロシアのSEO

ロシアで利用される検索エンジンのうち、シェア率が高いのはYandexの71.3%です。Googleは27.28%のシェア率となっています。ロシアSEOではYandexとGoogleの両方のアルゴリズムを意識することが必要でしょう。また、言語やキーワードの対策だけでなく、モバイル最適化も重要なポイントです。

ロシアではVKというロシア発のSNSがあり、VK内ではコミュニケーションや情報共有が盛んです。ロシアSEOでは、VKを活用する戦略も視野に入れるといいでしょう。

検索エンジン シェア率
Yandex 71.3%
Google 27.28%
bing 0.97%
DuckDuckGo 0.16%
Yahoo 0.11%
その他 0.17%

 

海外SEOで検索流入を獲得するポイント

海外SEOで、より多くの検索流入を獲得するためのポイントを解説します。

現地人の視点でキーワード選定

海外SEOにおけるキーワード選定では、単なる言語の違いだけでなく、地域ごとの文化や検索傾向を理解することが不可欠です。より正確に効果的なキーワード選定を行うためには、現地の人に相談するのがいいでしょう。キーワード選定やコンテンツ作成では、現地の人がもつ文化的な洞察力や言葉のニュアンスなどから、言葉の違いや文化的なコンテキストを把握することが重要と言えます。

ネイティブな文章でのコンテンツ作成

海外SEOでコンテンツ作成する際は、現地のネイティブな人に文章を作成してもらうのがいいでしょう。日本語の文章を機械翻訳することもできますが、機械翻訳ではネイティブな文章を作るのには向いていません。不自然な文章を現地の人が見た際、本来伝えたいことが伝わらなかったり、信頼性にかけたりしてしまいます。海外SEOでは、現地の人にネイティブな文章を作成してもらうのがおすすめです。

トレンドをおさえたコンテンツ作成

海外SEOを行う上で、現地のトレンドをおさえたコンテンツ作成も重要です。日本のトレンドと海外のトレンドは異なるため、ユーザーニーズを満たすためには、現地のトレンドに合わせることは不可欠でしょう。例えば、アメリカのWebサイトでは写真が多く盛り込まれるのに対して、日本は情報量が重視されます。海外SEOで上位表示されるためには、現地のトレンドをおさえたSEOを行いましょう。

地域ごとのURLを使用

Googleは、国や地域に合わせたURLを使用することを推奨しています。国別のドメインやサブドメインを利用することで、URLのローカライズが可能です。

例えば、国別にドメインを変更する場合は以下のようなURLとなります。ドメインをローカライズしているため、ターゲティングが明確にできます。

  • ドイツ:example.de
  • フランス:example.fr
  • 日本:example.jp

サブドメインを利用する場合は、以下のようなURL構造となります。ホストが同じため管理しやすいというメリットがあります。

  • ドイツ:example.com/de/
  • フランス:example.com/fr/
  • 日本:example.com/jp/

言語切り替え対応

海外SEOでは、Webページに複数の言語バージョンを用意する場合があるでしょう。例えば、日本語から英語の Webページに遷移させたい場合、リダイレクトするような方法は避けましょう。ハイパーリンクを追加し、ユーザーがクリックするだけでそのWebページの言語が切り替わる設定が望ましいです。

参照元:Google 検索セントラル

現地サイトからの被リンク獲得

現地サイトから被リンクを獲得することもSEOでの評価ポイントとなります。プレスリリースなどから被リンクをもらうのもおすすめです。プレスリリースに被リンクをもらえると、SNSなどでの二次拡散も期待できます。また、現地サイトに被リンクをもらうとクローラーの呼び込みに繋がるため、早期インデックスされやすくなるメリットもあります。

参照元:Google 検索セントラル

 

まとめ

海外SEOと日本SEOでは、言語や文化の違い、検索エンジンのアルゴリズムの違いなどがあげられます。海外SEOでは、現地ユーザーのニーズを満たせるコンテンツ作成をする必要があり、ネイティブな文章作成やキーワード選定が重要と言えます。地域ごとにURLを変えるドメインのローカライズやトレンドの把握など、細かい点も最適化することも成功の鍵です。

▼「SEOを強化しよう!」プレイリスト:様々なSEOコンテンツが盛りだくさんです!是非1度ご覧ください。

世界へボカンのメールマガジン

当社がこれまで培った知識やノウハウ、海外の先進事例などを、無料メールマガジンとして配信しております。ぜひご登録ください。

世界へボカンのプライバシーポリシーについてはこちらをご確認ください。

あなたの海外進出のお悩みを解決します!

弊社では、皆様のサービスや商品を最適な形で海外に進出するためのサービスをご用意しています。
具体的なプランは個々のご事情に合わせて策定いたしますので、まずはご相談ください。

今なら、面倒な要件整理がいらないチャット相談を実施中!

更新情報を確認できます!

弊社では海外WEBマーケティングに関する情報をメルマガやSNSで発信しています!
是非、登録やフォローして最新の情報を入手してください。

はじめて越境EC、海外Webマーケティングに取り組む方向けに書籍を出版しました!

書籍「はじめての越境EC•海外Webマーケティング」の表紙写真

はじめての越境EC•海外Webマーケティング

越境ECの基本となる調査、制作、プロモーション、税務、法務を網羅。
YouTubeと連動し、更に細かい情報が獲得できます。

amazonで購入する

私たちが、
御社の海外進出を
サポートいたします!

私たちが提供するサービスや数々の支援実績、
実際に行ったマーケティング施策から導き出した
海外Webマーケティングのノウハウをまとめました。
ぜひご利用ください。

お役立ち実践ガイド

お問い合わせお待ちしています!