コラム

Column

  1. 世界へボカン ホーム
  2. コラム
  3. ShopifyでGoogle Tag Manager(GTM)を設置する方法

ShopifyでGoogle Tag Manager(GTM)を設置する方法

ShopifyでGoogle Tag Managerを設置する方法

このコラムでは、Google Tag ManagerをShopifyに設定する方法についてご説明させていただきます。

1. Google Tag Managerとは何か?

Google Tag Manager(以下 GTM)は、Google広告やGoogle Analyticsなどのデータ計測に必要な様々なタグを1か所で実装できるタグ管理ツールです。

タグはコンバージョントラッキング、リマーケティング、Googleアナリティクスのデータ計測など、サイトの訪問客とパフォーマンスの分析やユーザートラッキングをするために役立ちます。

GTMを使用することにより、サイトにタグを簡単に追加することができるので非常に楽です。
逆にGTMがないと、Webサイトのソースコードにアクセスし、ソースコードにタグを追加してアップロードする作業をそれぞれ行わなければなりません。

2. ShopifyでGTMを設定する際の注意点

Shopifyプラン

ご注意いただきたい点

  • Shopifyはベーシック、スタンダード、プレミアムの3つのプランがありますが、プレミアムプラン(Shopify Plus)のみCheckoutページの編集を行えるため、すべてのページにGTMを実装できるのはプレミアムプランのみとなります。
  • ベーシック、スタンダードプランの場合は、Checkoutページ以外の実装が可能です。

※ベーシック、スタンダードプランでGTMをすべてのページに実装したい場合は有料アプリをご利用ください。

3. GTMタグの設置

1) GTMアカウントを開設する

GTMの公式サイトからGTMアカウントの開設を行ってください。

Google Tag Manager 公式サイト
https://marketingplatform.google.com/about/tag-manager/

 

アカウント開設後、サイトに設置するGTMタグが発行されます。
GTMタグ

2) Shopifyの管理画面を開き、theme.liquidにGTMタグを挿入する

Shopify管理画面を開き、下記のステップでtheme.liquidファイルを開いてください。

① オンラインストアをクリックします
② テーマをクリックします
③ アクションをクリックします
④ コードを編集するをクリックします

ShopifyにGTMタグを設置する1

 

⑤ Layoutにtheme.liquidファイルがあるので開きます。

ShopifyにGTMタグを設置する2

 

1つ目のタグはタグ内のできるだけ上部に設置します。

headタグ内にGTMタグの1つ目を設置する

 

2つ目のタグはタグのすぐ下に設置します。
追加したら保存します。

bodyタグ内にGTMタグの2つ目を設置する

3) Shopify管理画面の設定からチェックアウトの追加スクリプトにGTMタグを挿入する

①Shopify管理画面の左下にある設定を開きます。
②チェックアウトを開きます。

Checkoutの追加スクリプトにGTMタグを設置する1

 

③追加スクリプトのところまでスクロールダウンし、追加スクリプトにGTMタグの1つ目と2つ目を両方設置してください。
④保存します。

Checkoutの追加スクリプトにGTMタグを設置する2

 

これでタグの設置は完了となります。
あとは各種タグの設定は、GTMを通して一元管理して行うことが可能となります。

 

投稿者: 早川 豪
Amazon、eBay、Shopifyなど各種越境EC事業に携わり、フリーランスの越境ECコンサルティングとして活動。
ヨーロッパに在住していたこともあり、主にイタリアやスペインにおける越境EC事業に携わっている。日本の素晴らしい商品を海外のお客様に広めるために日々奮闘している。

更新情報を確認できます!

弊社では海外WEBマーケティングに関する情報をメルマガやSNSで発信しています!
是非、登録やフォローして最新の情報を入手してください。

私たちが、
御社の海外進出を
サポートいたします!

私たちが提供するサービスや試作に関する様々な取り組み、
300社以上の支援実績から導き出した
海外Webマーケティングのノウハウをまとめました。
ぜひご利用ください。

お役立ち実践ガイド

お問い合わせお待ちしています!