海外向けWebマーケティングよくある誤解

2012/09/22

ジャパンプロモーターの村山です。

本日は海外向けwebマーケティングのよくある間違いをお伝えします。

最近よく次のような問合せがあります。

・英語、中国語、韓国語などでそれぞれSEO対策がやりたいので、見積りが欲しい

こんな時、我々はそのまま見積りは出しません。
全く意味がないので・・・

こういった問合せの場合、SEO対策をやること自体が目的となっており、肝心の目的や目標、そして、それを達成するための手段が検討されていないケースがほとんどです。

日本でSEO対策で効果が出た、

海外でもSEOはまずやりたい。

基本的に多言語展開し、各言語で対策すればいいか、

のような思考回路になっています。

 

我々が推奨しているのは、まずは戦略をしっかり考えること。海外向けの場合、市場が多岐にわたるので、満遍なくプロモーションを行っても、効果的ではありません。

どの市場に注力するか?また、その市場で有効なウェブプロモーション手法は何か?を検討する必要があります。

 

特に、中国と韓国については現地の検索エンジンが圧倒的なシェアを獲得しているため、なおさらです。

たとえば、韓国を例に取ると、韓国No.1のNaverの検索エンジンの検索結果ページでは、自然検索結果が表示される箇所は非常に割合が少なく、リスティング広告、ブログ、写真など様々なタイプの検索結果が一つのページに表示されます。

そのような中でSEOに注力して、どれだけ効果があるでしょうか?

韓国のサイトを見て頂くと分かるのですが、FLASHなど、ビィジュアルにこったサイトを構築しているケースが多く、SEOを考慮した作り込みになっていません。それよりも、リスティング広告やソーシャルメディアを活用したプロモーションが主流となっているのが現状です。

 

こういった現地の状況を踏まえ、プロモーション手法を検討していくことが成果を出していくために重要なポイントになります。

日本と全く同じように海外マーケティングもやればいいという発想を改め、しっかりと取り組んでいって頂きたいと思います。

投稿者プロフィール

murayama
インバウンド(訪日観光)ビジネスコンサルタント
兵庫県生まれ。米国ウィスコンシン大学マディソン校卒。在学中、異文化交流に強い関心を持ち、20ヵ国以上を旅行。大学卒業後、インドにて半年間のインターンシップを経験。2000年アクセンチュアに入社。地域活性化プロジェクト、グローバルマーケティング戦略等の様々プロジェクトに従事。2006年同社を退社。
2007年にインバウンド観光に特化したBtoBサイト「やまとごころ.jp」を立ち上げ、ホテル・小売・飲食・自治体向けに情報発信、教育・研修、コンサルティングサービスなどを提供。ノウハウ・ネットワークを最大限に生かしたコンサルティングには定評がある。
インバウンドビジネスの専門家として、ワールドビジネスサテライト、NHKワールドをはじめ、国内外各種メディアへ出演多数。最近は、金融機関、投資家、経営者等へインバウンド動向に関する情報提供を精力的に行うほか、日本全国で行う月10件以上の講演活動を通してインバウンドビジネスの啓発に力を注いでいる。

無料相談はこちらから

Get a free consultation

メールでのお問い合わせ

メールで無料見積もり
メールは24時間365日受付中!
※問い合わせメールの文章は日本語・英語のどちらでも大丈夫です

海外WEBマーケティングソリューション一覧

Solutions